内閣総理大臣認可社団法人 日本青少年育成協会正会員

資料請求 詳しくはこちら


HOME > 合格体験例

合格体験例

これまでの合格体験例について

基礎から堅実に再スタート北海道大学に合格

大学受験科 合格体験例

マーク模試・6教科7科目合計(900点満点)

道内進学校中退 → 高卒認定試験合格

前期
状況
英・数・国を重点科目として、入試の基礎メニューから立ち上げることにした。
中期
状況
全体的な得点の底上げを果たすことができたため、センター試験対策に重点を置き、
自力での演習も数多く消化した。
後期
状況
センター試験での得点力がついてきたので、2次試験に向けた記述問題対策を実施。
特に数学の解答作成、国語の論述形式に力を入れ、実力を大いに伸ばした。

大学受験科について

通信制卒業から偏差値13アップ法政大学に合格

大学受験科 合格体験例

マーク模試・3教科3科目合計(500点満点)

札幌市内通信制高校卒業

前期
状況
英語を重点科目として、高校基礎からやり直すことにした。
中期
状況
英文法の基本習得により、自力でどんどん進めるようになってきた。
後期
状況
重点科目を政治経済へ移行。英・国の授業数を最小限にし、政経の時間数を増やした。

大学受験科について

たくさんの演習で着実に点数アップ平岸高校・北海学園札幌高校に合格

高校再受験科 合格体験例

マーク模試・3教科合計(500点満点)

札幌市内の私立中学出身。高等部へは進学せず、再受験により高校進学を目指した。

前期
状況
公立中学と学習カリキュラムが違うため、各教科最初からまんべんなく見直すことにした。
問題演習を数多く行い、理解している部分と欠落している部分の判別を進めていった。
中期
状況
底上げが進んで行くなかで、教科・単元ごとに得意不得意や理解の進度の違いがでてきており、テスト内容による点数の上がり下がりが見られた。
苦手な範囲や理解の薄い単元に比重を増やし、点数のアップと安定を目指した。
後期
状況
ついに200点を超えるようになった。
その後は200点を切ることなく安定した結果を出した。

高校再受験科について

苦手科目の克服から全教科を得点源に札幌南高校・札幌光星高校合格

高校再受験科 合格体験例

校内模試・北海道学力コンクール5教科合計(300点満点)

札幌市内の公立中学校を卒業。Bランク。志望校合格のため、再受験を行う。

前期
状況
前回の入試結果より、国語に不安を感じているとのこと。国語は苦手分野の特定、その他の教科は細かい知識を付けていくため、入試対策用のテキストをスタートした。
国語の語彙力に問題はなく、読解力・記述力ともある程度の高い水準にあったため、テストでは高得点が出ていた。自信を深めていくべく問題演習に努めた。
中期
状況
得意科目の数・理は点数が安定しており、心配はなかった。ミスに気を付け、確実に得点していくことを目指した。国語も数・理ほどではないが、高い水準で安定し始めていた。
社・英は、実力的には問題はないが、ミスや詰めの甘さが見られ、点数に変動があった。ミスなく実力が発揮できているときは、しっかりと高得点が出せていた。
後期
状況
250点を割ることがあったが、これまで各教科とも入試対策用のテキストを何冊もこなしてきおり、知識や問題経験の上で大きな不安はなかった。
ミスの原因やより正確な記述解答を再確認する機会とした。本番では、前年度入試より20点以上のアップを果たし、見事合格した。

高校再受験科について

8科目同時合格

高卒認定試験コース 合格体験例

理科総合過去問(100点満点)

理科総合は大問ごとに選択できるため、生物・地学分野に絞って解答をした。出題傾向に沿って、特定の内容を集中的に練習し、得点アップにつなげた。得点は順調にアップし、確実に7割を超えるようになった。

高卒認定試験コースについて

世界史A・現代社会合格

高卒認定試験コース 合格体験例

世界史A 過去問(100点満点)

過去問演習と教科書の重要語句の確認を並行して進めた。問題を解くコツを徐々に掴んだことや、重要語句の理解が増してくるにつれて、点数も伸びてきた。途中、点数の上がり下がりは見られるものの、全体的にはしっかり上昇しており、最後は自己ベストを出して本番を迎えた。

高卒認定試験コースについて

  • 大学受験科 「デキる喜び」から「合格の喜び」を実感しよう。
  • 夜間個別指導科 あなただけの「学ぶ」を育てます。
  • 池上学院フリースクール 「学びたい」その気持ちを守ります。
  • 高卒認定試験コース あなただけの「効率的な学び」を導きます。
  • 高校再受験科 あなたの悔しさを喜びに変えたい。

ページTOP

池上学院
〒062-0906 札幌市豊平区豊平6条6丁目5-1(地下鉄東豊線「学園前」駅2番出口すぐ。)
TEL:0120 (372) 059